オーガニック認証とは?

インナーオリジン(InnerOrigin)が取り扱っている商品は本物のオーガニックであるため、これらの商品を紹介するたびに、様々なオーガニック認証・オーガニック認証機関の名前が出てきます。

あらためて、各オーガニック認証・オーガニック認証機関についてまとめてみようと思います。

環境に配慮して製造する手法、それがオーガニック

英語の「Organic(オーガニック)」は、日本語に直訳すると、「有機体」「有機栽培」の意味です。

化学肥料や化学合成農薬などを使用せず、土壌の持つ力を活かし、環境への負荷をできる限り少なくする農法」のことです。

食料品において、「無農薬」という意味合いで使用されます。
現状は、農法や食品にとどまらず、
コスメなど化粧品でも、「有機の」「有機的な」といった意味合いで使用されます。

前述の通り、地球環境(周辺環境・周辺生物など)に配慮して製造する手法が「オーガニック栽培(有機栽培)」と呼ばれ、
この栽培手法を取ると、栄養素を豊富に含む植物が育つことに繋がっています

オーガニック オーガニック認証


農薬(除草剤や駆虫剤など)や化学薬品(化学肥料)を使わず、
昔からあるオーガニック栽培(有機栽培)で育てた植物から得られる原料、
その原料から得ることができる成分を「オーガニック成分」と呼んでいます。


混同されがちですが、このようにきちんとした定義があるので、
ナチュラル」「自然派」といったようなふんわりとした表現でくくられる商品と、
オーガニック」と言われる商品には、明らかに違いがあります。

各国の機関は、独自のルール・基準を設けて、
「土壌から完成品となるまでの全製造工程において、オーガニック栽培(有機栽培)で作られた植物を使った商品である」ことを証明するための認証制度を作りました。


ちなみに、
ことコスメなどの化粧品に関して、
「植物由来の原料を使ってさえいれば、オーガニックだよね」という状態で、
残念ながら日本では、他国のような認証機関や制度が整っていません
日本における基準に関しては、こちらの記事でも触れています。

各オーガニック認証機関で用いる主な基準は?

下記に紹介するような認証機関では主に、
以下のような基準と照らし合わせて認証を行っています。

  • 植物原料に対するオーガニック原料の割合
  • 最終的に提供される商品に含まれる自然原料の割合
  • 原料を生産する土壌の安全性(化学薬品化学肥料・農薬などの使用禁止)
  • 遺伝子組み換え原材料の使用禁止
  • 化学的な防腐剤の使用禁止
  • 環境に配慮したパッケージ(容器・包装)の使用
  • 動物実験の禁止


ちなみに、
インナーオリジン(InnerOrigin)では、商品の取り扱いを決める前に、その商品が「本当に安全安心で信頼に足るものなのか?」ということを、ブランドごとではなく一つ一つの商品ごとに厳格な審査基準に照らし合わせて審査委員会でチェックをしています。

インナーオリジン(InnerOrigin)は本物のオーガニックなのか?という記事で紹介しています。

主なオーガニック認証とは?

ECOCERT(エコサート)

ECOCERT エコサート オーガニック認証 

1991年設立。フランス。

ヨーロッパを中心に世界80カ国以上の国で認証を行うことから、有機認証の世界基準とも。
国際有機認定機関としては、世界最大規模の団体

コスメなどの化粧品に関しては、2種類の認証がある。
「COSMEBIO」の方が基準が厳しい。

1)COSMEECO:植物原料の50%(最終製品の5%)がオーガニック
2)COSMEBIO:植物原料の95%(最終製品の10%)がオーガニック

USDA(アメリカ合衆国農務省)

USDA オーガニック認証

アメリカ。米国農務省(United States Department of Agriculture)が管轄し、その頭文字を取っている。

日本で言うところの「有機JAS」。
基本的には、農産品や食料品などに利用されている。

3種類の認証基準がある。
USDAの認証マークは、以下の1)と2)に当てはまる製品で、
認証を行った機関名・住所の記載が義務付けられている。

1)100% Organic:100%オーガニック原料
2)Organic:95%以上オーガニック原料
3)Made with Organic ingredients:70%以上オーガニック原料
※いづれも、水と塩を除く割合

ACO(Australia Certified Organic)

ACO オーガニック認証 オーストラリア

2001年発足。オーストラリアの認証機関。

オーガニック認証の質を保証する「IFOAM」にも加盟
ACOは、オーストラリア国内において製造されるオーガニック製品に対して オーガニックであることの認証を行っている機関で、有機農産物の安全性証明となる。

もちろん、認証マークを取得している製品は、定期的に厳しい検査を実施。
もともと食品向けの基準からなるため、コスメであっても同等のレベルで安心な製品が多い。

BDIH(ドイツ化粧品医薬品商工連盟)

BDIH オーガニック認証 ドイツ

1996年設立。ドイツ。

世界初の本格的な基準ナチュラルコスメのメーカー19社が集まり自然は化粧品のガイドラインを制定。

ナチュラルコスメを謳ったコスメが増えたことを危惧し、ある一定のルールを決めてナチュラルコスメの定義を証明しようとしたのがこのガイドライン。

NaTure(ネイトゥルー)

NaTure オーガニック認証機関

2007年設立。EU(本拠地はベルギー)。

プリマヴェラ、ドクターハウシュカ、ヴェエレダ、ラベーラ、ロゴナなどの
ドイツ主要6ブランドが推進し発足した、オーガニック化粧品認証団体。
BDIHが満たしていない基準までも補って作られているのが特長。

オーガニック成分の割合は、星の数で表示し、認証基準やプロセスを全てWEBサイト上で公開するなど一般消費者にわかりやすい形で基準を示しているのが特長。

1)★★★NaTrueマーク:オーガニック認定成分の割合が95%以上
2)★★NaTrueマーク:オーガニック認定成分70%以上95%未満
3)★NaTrueマーク:オーガニック認定成分70%未満

ICEA(イチェア)

ICEA イタリア オーガニック認証

1982年設立のAIAB(アイアブ、「IFOAM」認定のイタリア有機農業協会)を母体として設立。イタリア。

Istituto per la Certificazione Etica ed Ambientale(倫理と環境のための認証協会)の頭文字を取っている。

石油由来原料、遺伝子組み換えの原料、合成誘導体(シリコンなど)、動物由来成分(コラーゲンや牛脂など)の全て使用を禁止。動物実験も禁止。

COSMEBIO(コスメビオ)

コスメビオ オーガニック認証

2002年設立。フランス。

原料メーカー、流通なども巻き込んだ400社からなるNPO法人。
BIO認証は、上記記載の第三者機関であるECOCERT(エコサート)により認定を受けている。

「COSMEBIO」は、植物原料の95%(最終製品の10%)がオーガニックでなければならない。

SOIL ASSOCIATION(英国土壌協会)

Soil Association オーガニック認証 英国土壌協会

1946年設立。イギリス。

世界最古のオーガニック認証機関と言われている。
化粧品や製品の認定というよりも、植物原料の認定としてオーガニック農法、健康な土壌への啓蒙活動なども実施。
健康な土壌から生まれる健康な植物は、健康な体を生むという理念を掲げている。

demeter(デメター)

demeter オーガニック認証機関

1924年発足、1954年に協会発足。ドイツ。

哲学者のシュタイナー氏が提唱したバイオダイナミック農法を推奨しており、
どの認証制度よりも一番厳しい基準となっている。

バイオダイナミック農法で栽培されると、通常栽培よりも根がしっかりするというデータ(根の重量が18%も重い)もあると言われている。

ウェルネスへの注目度が高い現在、オーガニック市場はさらに拡大へ

注意しなくてはいけないポイントとして、
上記に紹介したような認証を取得していなくとも、独自の基準で信頼性のある商品を生み出しているメーカーもあります。

一方で、
認証機関によっては、安全であり毒性の低い化学合成成分ならば、一部許容している場合もあります。
認証さえあれば、全てが正真正銘のオーガニックだ、とも言い切れず
最終的には、認証機関の基準やパッケージに記載の成分表を見る必要があります。

認証は、ひとつの目安としながら、
自分が良いと思う商品を使うことが重要になります。

そうはいっても、
安全な製品を見分けるのは、難しい。」

これが、圧倒的大多数の消費者の気持ち、だと思われます。

安心安全で信頼のおける製品を使いたいというニーズが高まる一方で、
宣伝広告で謳われるイメージと、実際の商品内容に大きな隔たりがあることが多い日本では、実際に「見極めは難しい」と個人的な体験からも実感しました。

だからこそ、
安全性を追求する消費者から、インナーオリジン(InnerOrigin)が支持されています

大きな時代の潮流として、
健康的な生活、ウェルネス分野への関心が高まる中で、
ますます、インナーオリジン(InnerOrigin)のビジネスが注目される(ハズ)と考えています。

インナーオリジン(InnerOrigin)のビジネスに興味のある方は、ぜひお問合せください。 インナーオリジンのアフリエイトビジネスはご紹介のみ登録が可能です。

ご質問、ご相談も含めて個別に対応いたします。
お気軽にお問合せボタンよりお知らせください。

私の徒然プロフィールにも書きましたが、今までちゃんとやってきたからこそ、今の生活を変えることは恐怖です。

でも、新しい働き方を模索している方、在宅ワーク、副業を一度でもお考えの方、ぜひインナーオリジンを始めませんか