インナーオリジンとは?

Inner Origin(インナーオリジン)とは?

おそらくまだ、この「インナーオリジン」という会社をご存知の方は、
ほとんど日本にはいらっしゃらないと思います。

一言でというと、2017年にオーストラリアで設立された
「オーガニックプラットフォーム」です。

つまり、「健康食品やオーガニック商品を扱う
インターネット上のマーケット(サイト)」です。

InnerOrigin インナーオリジン

オーストラリアは、世界一のオーガニック大国。2017年の創立以来、わずか9ヶ月で6億円の売上を誇り、まずニュージーランドへ。

現在は、アメリカ、日本へと拡大し、カナダ、イギリス、シンガポールへ。
今後はもちろん、世界各国に拡大していきます。

Inner Origin(インナーオリジン)は何がすごいのか?

  1. アマゾンや楽天同様の、プラットフォームである
  2. 取扱商品は厳格な審査基準で選びぬかれた“本物の”オーガニック
  3. 商品ラインナップが多岐に渡る(ターゲットが広い)
  4. ウェルネス、オーガニック界の多数の著名人が参画
  5. オーストラリアのビジネスアワードでファイナリスト受賞

①アマゾンや楽天同様のプラットフォームである

インナーオリジン(InnerOrigin)のビジネスモデルは、プラットフォームビジネスである
ということ。

つまり、アマゾンや楽天と同じように、何か商品を購入したいなと思った時に、
インナーオリジン(InnerOrigin)のWEBサイトを開いて商品を検索すると、さまざまな会社の商品を買うことができるわけです。

インナーオリジン製の商品を買うわけではない、という点が革新的です。

インナーオリジン ビジネス

オープンした国で「買い手」と「売り手」のマッチングを行い、信頼できるものだけを消費者に届けます。

設立当初は15種類のみだった商品は、現在約1700種類。もちろん、今後も増え続けていきます。

インナーオリジンがアフィリエイトモデルとして優れている点は?もご覧ください

取扱商品は厳格な審査基準で選びぬかれた“本物の”オーガニック

オーガニックプラットフォームとして唯一無二に押し上げている最大の特徴は、インナーオリジン(InnerOrigin)が取り扱う商品の審査基準の厳しさにあります。

各専門家によって厳しく審査され、合格となったもののみです。さらに、製造した企業を企業として審査をするのではなく、あくまでも、商品一つ一つを審査します。

そうすることで、EWGと呼ばれるアメリカが誇る審査機関が有害と認めた成分や物質などが一切含まれない商品、さらに、動物実験が行われていないもの、ホルモン剤抗生剤が使用されていないもの、BPAが含まれないもの、硝酸塩グルタミン酸ナトリウムが含まれないものなど、合計8つのポリシーに準ずる商品のみがインナーオリジン(InnerOrigin)上に並びます。

▶さらに詳しい説明はこちら

これらの商品は、「信頼」にたる、まさに”本物のオーガニック”と言えます。

商品ラインナップが多岐に渡る(ターゲットが広い)

こういった、ウェルネス系、健康食品系を取り扱う場合、商品カテゴリーが限られるケースがほとんどです。

しかし、インナーオリジン(InnerOrigin)の場合は、食料品スーパーフードサプリメントペットケアスキンケアパーソナルケアデンタルケア運動・教育など多岐に渡ります。

インナーオリジン ターゲット

対象となるターゲット層は広く、子供から高齢者、男性も女性問わず、人間からペットまでが使用する 「消耗品」を取り揃えています。

前述しましたが、インナーオリジン(InnerOrigin)は自社製品を持ちません

オープンした国で「買い手」と「売り手」のマッチングを行い、信頼できる商品を厳選し、現在は約1700種類の商品を掲載しています。

ウェルネス、オーガニック界の多数の著名人が参画

ミランダ・カーのお母様である、テレーズ・カー(Therese Kerr)
オーストラリアTOP50インフルエンサーであり、オーガニックやナチュラルライフの提唱活動を長年行っています。

オーガニック界の第一人者である、デイビット・ウルフ(David Wolfe)
 「スーパーフード」「ローフード」という単語の産みの親で、世界で1200万人のフォロワーを抱えています。

ローフードとは、Raw(生の)Food(食べ物)のこと。日本でも関連ショップや製品は大注目で、もはや一般化してきていますよね。

*ドイツから「ALDI」というスーパーをオーストラリアに誘致したプロジェクトメンバーの一員が現在のCEOの一人、サリーアン・ファーガソン(SALLY-ANNE FERGUSON )

「My kitchen Rule」の、ピート・エヴァンス(Pete Evans)
オーストラリアでは大人気、2010年からセブンネットワークで放送されている料理ゲームショー「マイキッチン・ルールズ」のホストです。

And more…

オーストラリアのビジネスアワードでファイナリスト受賞

ここまで、インナーオリジン(InnerOrigin)の特徴について記載しましたが、「そうは言っても、怪しいのでは?」「評判が悪いのではないか?」と思われる方も少なからずいらっしゃると思います。

しかし、当たり前ですが、いわゆる「ねずみ講」のような違法の会社であれば、Optus My Business Awards」には、エントリーすることすら不可能です。

客観的な評価、社会からの評価を確認できることは、安心材料の一つと言えます。

「インナーオリジン(InnerOrigin)はマルチなのかを調べてみた」についてまとめた記事もご覧ください。

インナーオリジン ビジエスアワード

Inner Origin(インナーオリジン)を始めませんか?

インナーオリジン(InnerOrigin)が優れている主な理由を見てきました。
2020年1月に日本上陸をしたばかりで、
まさに「始めるなら今!」という唯一無二のタイミングです。

少しでも興味を持たれた方、
在宅で始めることができる副業を探している方など、
一度、検討してみませんか?

「なぜインナーオリジンがアフィリエイトビジネスとしても優れているのか?」についてまとめた記事もご覧ください。

インナーオリジン(InnerOrigin)のビジネスに興味のある方は、ぜひお問合せください。 インナーオリジンのアフリエイトビジネスはご紹介のみ登録が可能です。

ご質問、ご相談も含めて個別に対応いたします。
お気軽にお問合せボタンよりお知らせください。

私の徒然プロフィールにも書きましたが、今までちゃんとやってきたからこそ、今の生活を変えることは恐怖です。

でも、新しい働き方を模索している方、在宅ワーク、副業を一度でもお考えの方、ぜひインナーオリジンを始めませんか